新宿で女性ホルモン治療ができる病院一覧(2022年春版)

  • 乙女塾運営部
  • photo by

    乙女塾

新宿駅周辺でトランスジェンダーが女性ホルモン治療ができる病院を紹介いたします。

始めに注釈を述べておきます。

  • 今回は湘南美容外科や新宿中央クリニック、オザキクリニックのようにチェーン展開をしている病院は(数が多くなりすぎるので)省いております。別にまとめたいと思います。
  • 病院によって診断書がないとホルモン注射を打てない、希望する性別に沿った容姿で行く必要があるなど自主基準があります。個別の相談は病院へお問い合わせください。
  • こちらは生徒や乙女塾メンバーによる体験談で構成されています。もし、情報が古い、新しい情報を提供いただける場合はTwitterのDMまでお待ちしております。
  • 乙女塾は必ずしもホルモン治療をすすめるわけではございません。治療につきましては病院と相談のうえ、ご検討ください。

新宿南リウマチ膠原病クリニック/新宿南内科・健診・iory (旧:林クリニック)

新宿南口から西口、初台方面へ進むとあるクリニックです。徒歩3分と公式サイトではうたっております。

林クリニックという名称でしたが、2020年5月に代替わりして名称が変わりリウマチ、膠原病を中心としたクリニックになりました。しかし、林クリニック時代からの内科、産業医の治療も引き継いでおり、そちらは新宿南内科・健診・ioryという名称で営業をしております。

体験者の声:ここはホルモン治療の価格が安く1アンプル1,400円(以前はさらに安く1,000円でした!)ということで新宿で随一の安さが売りです。林クリニック当時はなかった黄体ホルモンの取り扱いも開始になりました。また、お得な回数券があるのでそれを買う方が多いようです。某映画でも撮影に使われました。

体験者の声:先代はGIDについての知識は十分でないのか時折(メンタルが弱い人は)傷ついてしまうことを無意識に発言されることがありました、そのおかげで安い治療が受けられるといいますか。ただし、現在は先生が変わっております。

ホームページ:新宿南内科・健診・iory
所在地:〒151-0053 東京都渋谷区代々木2丁目10−8 ケイアイ新宿ビル 8F

新宿東口ハートクリニック


無印良品や映画館のピカデリーが入っているビルのそばです。こちらも駅近のクリニックです。精神科ということでホームページに記載はありませんが、女性ホルモンを1アンプル3000円で打つことができます。

火曜日休みですが土日祝日も営業してくれるため忙しい人にはぴったりの病院です。場所柄様々な人がいます。

体験者の声:女性ホルモンの価格は激安とはいえませんがそれ以外の治療は激安で豊富なメニューがあります。精神疾患を持つ方だけでなく、綺麗になりたい、健康になりたい人にはお勧めです。また、会計が一部会計機なので無用なおしゃべりが嫌いな人に良いです。

体験者の声:よくも悪くも先生の性格がさばさば、豪快で相性のよしあしがあります。GIDに関する知識も当初は少なく無意識な発言で傷つくような経験をした方もいましたが、患者さんが増えたことで理解が進んだ印象です。精神科はどこもそうなのですが先生の相性が良いかがポイントになります。

ホームページ:新宿東口ハートクリニック
所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目20−5 新光第2ビル 7階

MYクリニック歌舞伎町


こちらは美容外科・心療内科でメニューも美容整形や美容皮膚科系の治療が多いクリニックです。歌舞伎町という土地柄もあってか、同じトランスジェンダーでもショーパブで働いているお姉さま方の利用が多い気がします。(実際に口コミサイトで女性も男性もその中間の方もたくさんいらっしゃいます、というものがありました。)

プラセンタや美容点滴などとセットということも可能です。2022年1月現在、女性ホルモンは公式サイトのメニューにないのですが、「性同一性障害の方、随時カウンセリング中」とあります。メールしましたが、今現在の価格について返答を得ることはできませんでした。

体験者の声:さっといってさっと帰るようなタイプのクリニックです。営業時間が16時から23時と遅いので夜仕事帰りに行きたい人にはあっています。

体験者の声:よくも悪くも歌舞伎町なので、その街の雰囲気に好き嫌いがわかれます。営業時間が遅いので朝や昼に行くことができません。

ホームページ:MYクリニック歌舞伎町公式サイト

所在地:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目12−6 歌舞伎町ビル 4F

花園クリニック


トランスジェンダーの間では新宿でもっとも有名なクリニックです。LGBTフレンドリークリニックとしてGID外来を行っていて先生の理解度も高いです。

待合室がトランスジェンダーで埋まるということも珍しくありません。ホームページに「GID外来のページ」があります。1アンプル2000円です。

体験者の声:先生がGIDに関して理解があり「GID外来を掲げている」のが他と違うところです。相談も含めて長く通っている方も多いです。

体験者の声:最寄りは新宿ではなく新宿御苑駅になり2駅分あります。なので新宿から歩くには少し遠いということがあります。また、予約なしで注射を打てる分待ち時間が長い時があります。内科や皮膚科も掲げていますが、ほとんどGID向けです。

ホームページ:https://www.hanazono-c.com/

所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-30-6

新宿三丁目えきちかCLINIC


比較的新しい病院です。新宿南口から二丁目へ行く途中と駅からも近く、ホルモンが安いということで話題になりました。

ホームページでは、ペラニンデポー(卵胞ホルモン)10mg ¥1,400、ルテスデポー(黄体・卵胞ホルモン混合製剤)が¥1,500と表記があります。新宿でルテスデポーの記載がある病院は珍しいのではないでしょうか?

また、エナルモンデポー(男性ホルモン)250mg ¥2,200とこちらもリーズナブル。FTMの方にもお勧めできます。

一方、17~22時の営業時間で日曜・祝日はやっておりません。

体験者の声:駅からも近く金額も安いのでこちらへ乗り換えました。先生の人柄もよくさくっといってさくっと帰るクリニックとは思えない親切さです。

体験者の声:皮膚科のメニューは注射がほとんどなので、ホルモン以外の何かをしたいという場合は他のクリニックにかからなければなりません。また、昼の営業はないので注意してくださいませ。

ホームページ:https://www.s3-cl.com/
所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿4-2-23 新四curumuビル B2階

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

乙女塾運営部 の記事

乙女塾運営部 の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top