女性ホルモンを初めて6か月、1年後の変化~ヤコのケース

  • ヤコ
  • photo by

    乙女塾

MtFトランスジェンダーが行なう女性ホルモン補充療法についてです。前回は私の3か月目での変化をお届けしました。

今回は6カ月、1年の変化をご紹介しますね。

女性ホルモン療法 6か月経過後

女性ホルモンを半年も続けるとツンツンしていた髪が柔らかく細くなってきて女性に近づいているのを感じました。当時のメモを見返すと以下のような変化を感じていたようです。

・肌がきめ細かくなり、ワントーン明るくなる。
・髪の毛が細く柔らかくなる。
・胸のしこりがさらに大きくなりピンポン玉くらいになる。
・この頃からバストあるなし関係なくブラジャーをしないとしこりが上下に揺れて痛いので走れません。
・ドラッグストアのレシートやクーポンが女性向けの時があります。やっぱり嬉しい。
・男子トイレに入ると何故かジロジロ見られるようになりました。

特に気になったのは(胸の)しこりです。しこりだけが大きくなって歩くだけでも痛かったです。もしかして乳癌?と不安になりましたが大丈夫でした。

女性ホルモン療法 1年経過後

さらに1年後の変化です。自分で変化を感じるというよりも周りからの反応が変わったことに驚きました。

・病院で男性名の診察券を出すと受付で本人か確認されます。
・治療前の証明IDを出すとご本人ですか?雰囲気が大分違うのですがと言われます。
・本名を呼ばれて受付に行くと待合室の方から注目されます。
・ドラッグストアで化粧品のサンプルをもらうことが多くなりました。
・靴を探しに行ったら店員さんにパンプスですかそれともヒール?とレディースに案内されました。服も落ち着いた女性に見られるようなイメージで選ぶようになってきました。

以上です。変化を感じるとモチベーションになりますよね。皆さんの変化はどんな感じでしたか?次は3年後やSRSしてからの変化をお届けしますね。

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

ヤコ の記事

ヤコ の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top