夏は「アクセサリーを手作り」してみよう

  • かおり
  • photo by

    乙女塾

これから夏がやってきます。薄着になると服装に困るという方は、いらっしゃいますか。

私は婦人服はサイズが合うものが少ない気がします。特に肩とか二の腕が生まれながらの女性より張り出しているのか、肩回りがピチピチだったり、肩幅に合わせたトップスを選ぶと、胴回りがブカブカだったりします。

冬の間はゆったりしたアウターを着ることでごまかせますが、夏はそういう訳にいきません。

暑いからTシャツ1枚で過ごしたいけど、体型に合うレディースのTシャツを見つけることが難しいと感じられている方は、私以外にも多いのではないでしょうか。

そこで、おススメなのはユニクロなどのメンズとウィメンズの両方を揃えているブランドで、あえてメンズのTシャツを選ぶことです。しかし、そのままでは女性らしく見える気がしません。その際に頼りになる味方が、アクセサリーです。

アクセサリーのススメ

メンズTシャツに女性らしいネックレスを加えたり、イヤリングを着けたりしてみたらどうでしょう。例えば紺のTシャツに、センスの良いゴールドのコインのチャームがついたネックレスを付ければ、たちまち素敵な女性に仕上がる気がします。

ただアクセサリーですが、手に取ってみることができないのでネットでは買いにくいし、ジュエリーショップには入りずらい。

アクセサリーショップも時間をかけて選ぶのは躊躇してしまう。また値段も気になるところです。でも、これらの問題を解決する方法を見つけました。

それは「アクセサリーを手作りする」ことです。

 

アクセサリーを手作りしてみよう

アクセサリーを手作りするためのパーツショップが充実してきたので、アクセサリーを手作りしやすくなりましたよね。

ネックレスなどはとても簡単で、気に入ったチャーム(コインとか宝飾とか花とか)と、チェーンと接続部品をリングでつなぐだけで完成です。使う道具はラジオペンチ2本とニッパーぐらいで、手も汚れません。

部品はチャームの種類も豊富で、チェーンも好きな長さに切ることが可能で、接続部品の品揃えも多数あります。それらの部品は100円ショップのダイソーとかセリアに売っています。(ダイソーでは300円ぐらいで完成品のアクセサリーもセンスの良いものが揃っています)

手作りアクセサリーにはまったら

さらに専門的な部品を買いたくなったら、『貴和製作所』という店舗が東京、神奈川、大阪、福岡にあります。

この店舗を一度覗いてもらうと分かるのですが、パーツの種類が半端なく揃っています。秋葉原の電気パーツショップよりも品数が多いです。

店員さんも距離をとってくれるので、じっくり選べますし、質問があればいつでも対応してくれます。作り方も教えてくれて(店舗のテーブルで作るのであれば)道具も貸してくれるし、作り方の指南書も見せてくれます。

そして、驚くべきはパーツの値段です。

例えば接続用のリングですが、きれいに金色にメッキされた小さなリングが使いきれないほどの数が入って100円しないものもあります。イヤリングの耳に止める土台の部分もいろいろな種類が揃っており、どれも200円程度です。

チャームの種類にもよりますが、ネックレスなら1,000円かからないし、イヤリングも500円出せば豪華なものが作れます。

作り方はネットで調べることも可能ですし、アクセサリーの作りかとの書籍も沢山売られていますので、1冊買ってみるのもおススメ。どんなアクセサリーにするのかというイメージが大切なんだと思います。

Tシャツとネックレスの組み合わせ、ぜひ参考にしてみてください。一緒に暑い夏を乗り切りましょう。

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

かおり の記事

かおり の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top