【術後2日目】やっぱり辛い~西原さつきの性別適合手術(SRS)体験談12【改訂版】

  • 西原 さつき
  • photo by

    乙女塾

術後は色々な体験記を読んで、しんどいとか痛いとかいてあったけど

やはりその通り、辛い。

私の場合はモルヒネを投与されていたので、これがかなりきつい。

モルヒネは、とにかくボーッとするし

吐き気がする。

水を飲んだだけでも吐いてしまう。

上手く呂律が回らないし、耳もよく聞こえない。

二日目の今日は、モルヒネと違う痛み止(錠剤)のおかげで、昨日よりはマシだが

やはり少し気持ち悪さと、熱が上がってつらい。

食欲も皆無。

ただ、驚くことに患部の痛みはそれほど無い。

よほど強力な痛み止めを使っているのかも。

今はとにかく体力が無く、PCやスマホをいじってる余裕が無い。すぐ吐いてしまう。

このブログの更新がやっとだ。

そういえば、タイの看護師さんはノックもせずにいきなり部屋に入ってくるからびっくりする。

もう少し体調が落ち着いたら、手術の瞬間のブログを書こうと思う。

画像は、毎食後に飲む薬の一部。

薬がたくさんだ。

 

(これを読んだ2022年の西原さつきのコメント)

 

「なんか、自分のことながら生々しいですね。笑」

(この記事は2013年に西原さつきが公開したSRSの記録を2022年バージョンとして加筆修正を加え再掲載しております)

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

西原 さつき の記事

西原 さつき の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top