「手術7日前」~西原さつきの性別適合手術(SRS)体験談2【改訂版】

  • 西原 さつき
  • photo by

    乙女塾

いよいよ1週間前になった。

手術は3月27日の朝8時に行われるらしく

手術時間は5時間30分。

お昼過ぎには終わっている計算になるため

1週間後のちょうどこの時間は、もう手術が終了している事になる。

うーん、なんとも不思議な感覚。

長年私を苦しめ続けてきたコレが、1週間後には無くなっていると思うと

少しだけ愛着が沸くから不思議だ。

映画のクライマックスで、黒幕が実は良い奴だった

みたいな。そんな、じわーっとした気分。

「お前の成長を見守りたかったぞ…ルーク………ガクッ」

「……父さん!」

みたいな。

分かんないか。

術後はどんな気分かなー。

全身麻酔の経験が無いから、ちょっと楽しみだったりする。

一眠りしたら全部終わってるって、すごいよね。

もし無事に目覚めたら、一番にブログを更新しよう。宣言。

体がしんどくてそれどころじゃないかなー。どーだろー。

1週間後、私の体からダースベイダーがいなくなるかと思うと

私の気分は平和なのです。

(この記事は2013年に西原さつきが公開したSRSの記録を2021年バージョンとして加筆修正を加え再掲載しております)

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

西原 さつき の記事

西原 さつき の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top