井手上獏さんがジェンダーレスファッションブランド「BAAKU(バーク)」を発表

  • 乙女塾運営部
  • photo by

    乙女塾

29日、株式会社ディスカバリーネクストは同社所属の井手上漠プロデュースによるジェンダーレスファッションブランド「BAAKU(バーク)」を2022年SSシーズンよりスタートすることを発表しました。

すでに同29日より公式ECサイト(http://baaku.co.jp)にて受注販売が開始しています。

BAAKUはブランドコンセプトを以下のように発表しています。

「こうあるべき」から「こうでもいい」へ
それはココロにフィットするファッションの新しい選択肢
ジェンダーバイナリーのあたりまえに疑問を問いかけるブランド

「BAAKU」は、メンズワードローブに新しい改革を提案する「MAISON ALTERNATIVE」をデザイナーに起用し、ジェンダーバイナリーに疑問を問いかける、新しいファッションの可能性を提案するとしています。イメージ写真ではメンズとしては珍しい白いポインテッドトゥで細いハイヒールブーツをはいた井手上さんがポーズをとられています。

第一回目のコレクションとなる2022年SSシーズンは、ベーシックなワードローブに独自のツイストを加えたアイテムをラインナップ。プリーツスカートやへそ出しTシャツなどの2000年頃に流行したファッションスタイルをベースにレトロ感とストリート要素をミックスした、現代の新しい東京スタイルを表現しているそうです。

ジェンダーを超えるファッションブランドは毎月のように発表がされており、競争が激化しています。一方で中国や韓国から買い付けたアイテムに高い値段をつけて転売に近い形で流用されることへの指摘が相次いだり、早期終了するブランドも多く一筋縄ではいかなさそうな現状があります。

今後どのようなアイテムを用意してくれるのか、楽しみです。

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

乙女塾運営部 の記事

乙女塾運営部 の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top