「手術前日」医師と面談。手術説明~西原さつきの性別適合手術(SRS)体験談5【改訂版】

  • 西原 さつき
  • photo by

    乙女塾

今、病院にいる。

明日に手術を控え、前日から入院しているのだ。

昨日、執刀をしてくれるスポーン先生と面談してきた。

まず私の患部の状態確認。

要するにアソコをグイグイ引っ張って、どんな具合かをチェックする作業。

もう先生ったら、ひっぱるひっぱる!

あの場所をそんなにひっぱられたのは初めてで

心の中で「イタタタタタ」ってなってたよ。

次に、手術一連の流れの説明。

「こういう感じで手術しますよー、ほらほら画像だとこんな感じ」といった感じの内容だ。

・感度に関しては、元あるものをそのまま残すので良いとのこと。

むしろ普通の女以上に感じると思う、と自信満々の先生。得意気。

・ただし、術後の腫れ具合は結構なもので、落ち着くまでに1年ぐらいは必要。

・手術直後の患部は、多分見ないほうが良いよ。へこむよ。

・術後2ヶ月はエッチな事を考えちゃダメ(患部が腫れるため)

・術後5日間は、ベットから動けません。歩けません。寝返りもうてません。(←きついなぁ)

・ダイレーション(膣の拡張作業)はかなりしっかり行わないと、閉じてしまうから気をつけて。

・一度閉じてしまうと、二度と戻らないからマジで気をつけて。

・見た目に関しては綺麗に仕上げるが、「こういう形が希望です」とかは受け付けられない。一律みんな同じような形です。

・術後2ヶ月間は、広げたりしちゃダメよ。裂けちゃうよ。

・1年経って、どうしても見た目が気に入らなかったら再手術もします。

って感じ。

ううん、だんだん実感わいてきて、ちょっと怖くなってきた。

待合室には、同じMtFの患者さんがたくさんいて国籍も様々。

アメリカ・ロシア・ブラジル・韓国とたくさんいて日本人は私だけ。

みんな体大きいなぁ。さすがワールドワイド。

先生にも「君は体が小さいから」と何度も言われた。

別に日本じゃ小さいほうではないんだけどな。体格のこととかかな。

そして、日本人が珍しいのか、やっぱりここでも見られまくる。

でも、みんな気さくにニコニコ挨拶してくれる。

そして翌日の段取りの説明を受けて、ひとまず病院をあとにすることに。

病院は日本のそれと違い、待合室はまるでホテルのロビーみたいに綺麗だよ。

 

(この記事は2013年に西原さつきが公開したSRSの記録を2021年バージョンとして加筆修正を加え再掲載しております)

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

西原 さつき の記事

西原 さつき の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top