私が「自分らしく」が大事だなと思うようになった理由

  • NAO
  • photo by

    乙女塾

世の中では、既存の男らしさ、女らしさについて疑問を呈する動きが活発になってきているように思います。男だから筋肉をつける、スポーツをするなど、活動的でなければいけないわけでもないでしょう。また、女だからしおらしく長髪で、男を立てるのが良いわけでもありません。それが好きならばすればいいし、したくないならしないで良いという世の中になって欲しいなと思います。

ジェンダーレス、ジェンダーフリーなどで盛り上がる昨今、そうした言葉をまとめて「自分らしく」と言うワードを目にする機会も増えました。

そうしたワードを聞く度に思います。世間は変わってきたのだけれど肝心の「トランスジェンダーはトランスジェンダーらしさから抜け出しているのだろうか?」という問いです。

オカマはオカマらしく

ニューハーフという言葉はサザンオールスターズの桑田佳祐さんが考えたと言われています。テレビの世界で1980年代後半ぐらいから1990年代前半においてニューハーフブームがありました。テレビのバラエティやドキュメンタリー番組に、はるな愛さんら数多くのニューハーフの方が登場し、子供心に憧れを見るようにテレビにかじりついていたのを覚えています。

そこで求められていたのは、セクシーで話がうまい、男女両方の心がわかる、恋愛に長けている、踊れる、笑いがとれるという像でした。今でも「カマカマしい」といった言葉でそれらは一部残っているように思えます。

私が映画ミッドナイトスワンの監督にインタビューした際に、彼はこう言いました。「ニューハーフは美しくなくてはならんぞ、という価値観が、かつてあった。そうじゃなきゃテレビに出れんぞ、と。でもそれはおかしいんじゃないか?と思っていて、それが映画のシーンにも無意識に演出として出ている。実際、多くのトランスジェンダーは普通の人たちだ。」と(そのうち記事にいたします)。

こうしたメディアによる「オカマ像」の形成は少なからず影響はあったと思います。それを見て私は「自分にはなれない」と思ったものです。あそこまで笑いをとれないし、上手く話せないし、あそこまで性を出すことは自分とは別次元の話のように思えたのです。

女装や男の娘の世界でもあった「設定」

その昔、新宿は二丁目がゲイタウン、〇丁目が〇〇といったすみ分けがされていました。新宿三丁目はその中で「女装の聖地」と呼ばれていたそうですが、今でも当時を知る年輩の人は「女装は男に尽くすもの」という価値観があったといいます。

2000年代ぐらいまでそういった中では「恋愛対象は男性」としか言えない空気感がありました。今では女装さんも含めてトランスジェンダーの方でも恋愛対象が女性の人と公言する人もたくさんいます。

一方で、2010年頃に男の娘ブームが盛んになったころには男の娘は趣味で女の子の恰好をしていて恋愛対象は女性であるという、いわゆる「設定」がありました。

しかしその内情は、恋愛対象が男性である方も多く、また、性同一性障害としてホルモン治療をすすめている方もたくさんいました。お店のバイト応募の履歴書の書式にはホルモンの詳細まで記入を求めるお店もありました。ですがメディア向けにはそういう「設定」で通していたのですね。裏側では、暗黙の了解でそういうことになっていました。

つまり、ビジネスとして自ら「ニューハーフらしさ」「女装らしさ」「男の娘らしさ」を作ってきたのだと思います。

カオスの中だからできた統一感

はたから見ると女装さんもニューハーフさんもGIDも性同一性障害もトランスジェンダーの方も、みんなオカマであるという乱暴な意見を言う人がいますが、実際かつてのそういった現場を知る者としては、たしかにその通りだった時期もあったと考えています。それだけ当事者も周りもよくわからなかったし、だからこそ一緒になってムーブメントができたのかもしれません。

中にはゲイだと思っていたが新宿二丁目に来て初めてトランスジェンダーという存在を知り、自身のことについて改めて分かったという人もいました。

今では、言葉を重視して「GIDとトランスジェンダーと性同一性障害とトランスセクシャルは全て違う。」と言う人もいます。む、むずかしい。

経験談としては、名乗るのが「女装」や「男の娘」といいながら半陰陽(インターセックス)の人、SRSした人、中には生まれながらの女性がそう偽っているケースを見てきました。

一方で自身はトランスジェンダーとはいいつつも何も行動していない普通のおじさんがいたり、MtXといいつつも、とてもきれいな女性に見える人もたくさんいました。

細かいジャンルやクオリティは雑多な世界で曖昧なものだと思っています。その「曖昧さ含めて自分らしさ」でいいんじゃないのか、とそうした混沌(カオス)の中で長い月日を過ごすうちに思えるようになりました。

今だからこそ思う自分らしさの重要性

2020年代に入りこうした細かいジャンルのすみわけは昔よりもされているように思えます。自称「女装する人」はどちらかというとロリータまではいかないがドーリーでフリフリやリボンがたくさんついた服にハイトーンの髪色が多いように思えるし、自称「ニューハーフ」は陽キャで整形もガンガンして、美しさやセクシーさを求める。性別適合手術ではなくて性転換というみたいな典型的イメージ像をなんとなく感じるようになったのです。

一方でトランスジェンダーの方と、女装さんや男の娘と比べてどちらが優れているかというものでもありませんし、可愛さや美しさについてトランスジェンダーの方が優れているかといわれれば実はそうでもありません。両者は一緒にされがちですが、やっぱり似て非なるものです。

自分がどれに属するのかということに真剣に悩むのではなくて、他人がどうこうとか、言葉の定義がどうこうじゃなくて、自分がどうなりたいかを持てることが大事だと考えています。

それが「自分らしさ」の行きつく未来になるんじゃないかな、とふと深夜に感じたのです。

(当記事は2021年12月にNAOがnoteに投稿したブログをリライトしてお届けしています)

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

NAO の記事

NAO の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top