LGBTと新型コロナウィルス

  • NAO
  • photo by

    乙女塾

営業を自粛している状況ですが皆さんお変わりないでしょうか?

さて、新型コロナウィルスは呼吸器に疾患がある、タバコを吸っている方などが重症化しやすいケースがあることがわかっています。では、LGBTQやトランスジェンダーと新型コロナウィルスはどう関連付けられるでしょうか?

今回は複数の海外のサイトから情報をお届けします。

・LGBTQの人々は、HIVとがんの発生率が高いため、免疫システムが損なわれている可能性があります。NCTEの2015年の米国トランス調査によると、トランス人口は一般人口と比較して5倍の確率でHIVと共に生きています。

・LGBTQの人々はまた、一般の人口よりも50%高い割合でタバコを使用しています。コロナウイルスは、特に喫煙者に有害である可能性がある呼吸器疾患です。
・トランスジェンダーで成人を超えている人は、一般の人々と比較して、健康状態が貧弱または公平であると評価する傾向があります。5人に1人を超えるトランスジェンダーが、糖尿病、関節炎、喘息などの少なくとも1つ以上の慢性状態を持っています。差別への恐怖は私たちの多くが医者のところへ行くことを妨げています。

参考

https://transequality.org/covid19

https://ctmirror.org/category/ct-viewpoints/what-isnt-seen-isnt-heard-trans-and-non-binary-health-amid-covid-19-ryan-sutherland/

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5731542/

など

日本人から見るとわからないことや当てはまらないと思うこともありますが、念のためトランスジェンダーはより気を付ける必要がありそうです。皆様もぜひ気を付けてお過ごしくださいませ。

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

NAO の記事

NAO の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top