メークアップの流れ 基本のき

  • NAO
  • photo by

    乙女塾

メークする際に忘れてしまいがちなのがメイクアップの手順です。久しぶりにメイクすると1手順飛ばしてしまうとかはありがちですよね。そこで、メイクアップの基礎的な手順とその役割をいまさらながらまとめてみました。

※()内は上級者向けですので最初の内は省いて結構です。

<スキンケア>

化粧水(ふき取り化粧水)  汚れの除去や角質のケアをします

化粧水化粧水  肌を保湿させましょう

基礎化粧品乳液  保湿した肌から水分が逃げないように蓋をしましょう。ノンホル時は少なくて構いません。

<ベースメイク>

化粧下地化粧下地  変化度はありませんが建築土台みたいなものです。自分の欠点ややりたいメイクに対しての基礎工事をするためのアイテムです

ヒゲ髭隠し  髭を隠す工程です。多くがオレンジ色を使います。脱毛後は省くことができます

絵の具(コントロールカラー)  色により肌に補正を行います。ピンク、オレンジ、イエロー、ブルー、グリーン、パープルがあります。

ファンデファンデーション  肌を均一に整えます。パウダータイプは避けリキッド、クリームタイプがお勧めです。

コンシーラーコンシーラー   ファンデーションで隠しきれない肌のアラをピンポイントで隠します。スティック、練り、液状のタイプがあります。

JILL cosme*(チーク*クリームの場合)

パウダーフェイスパウダー  せっかくメイクをしてもすぐに崩れてしまいます。そのために崩れないように上からパウダーをたたきます。Tゾーンを特に入念に行います。

<ポイントメイク>

眉毛アイブロウ  眉毛を描きます。ペンシルタイプ、パウダータイプ、リキッドタイプがありますが最初はペンシル、パウダーが良いでしょう。

アイシャドウアイメイク(アイシャドウ、アイライナー、マスカラ、つけまつげなど)  目を強調し色どりを持たせます。ブラウンのアイシャドウが一般的で、パープル、ピンクなども人気があります。

チークチーク*パウダーの場合  頬に血色をもたらせます。コーラル、オレンジ、ピンク、ローズ、ベージュ、レッドといった色味があります。

口紅リップ(口紅、グロス、ティントなど)  唇に色や質感をもたらせます。コーラル、オレンジ、ピンク、ローズ、ベージュ、レッドといった色味があります。

ムード6-1(シェーディング*ベースメイク時でもOK)  顔に影を作ります。パウダータイプと練りタイプ、スティックタイプなどがあります。

キラキラ(ハイライト*ベースメイク時でもOK)  顔に光を作ります。パウダータイプと練りタイプ、スティックタイプなどがあります。

ポイントメイクは順不同です。アイシャドウからやるという人もいれば、チークから、眉毛からという場合もあります。私は、アイシャドウの入れ方によって眉毛の適切な長さが変わるのでアイシャドウ→眉毛とすることが多いです。

これ以外に二重にする、テーピングで顔をリフトアップするなどの手順が業界的には使われることが多いです。

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

NAO の記事

NAO の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top