純女、純男、シス女性、シス男性とは?

  • 乙女塾運営部
  • photo by

    乙女塾

トランスジェンダーや女装、LGBTQ+のコミュニティでは、生まれながらの女性のことを専門用語で「純女」と表現されます。

読み方は「純女」と書いて「じゅんめ」(たまにじゅんじょと呼んでしまう人がいるので要注意)と呼びます。

中には戸籍が女性になったトランスジェンダー女性も純女に含む、という意見が合ったりそのあたりの定義は人によって様々です。

ただ古い言葉のため、最近は生まれながらの女性はシスジェンダーの女性と呼ばれることも増えてきました。シスジェンダーとは「性自認と生まれ持った性が一致している人」という意味があります。シスジェンダーと女性を合わせて「シス女性(しすじょせい)」と呼び、この場合はトランスジェンダー女性は含まれません。

対する言葉として生まれながらの男性のことは「純男(すみお)」と呼ばれています。トランスジェンダーや女装をする人ではない男性のことを指します。

これには、ゲイなどの男性の同性愛者を含む場合が多いのですが、こちらも定義は様々です。

最近は、生まれながらの男性はシスジェンダーの男性という意味から「シス男性(しすだんせい)」を使うことも増えています。シスとは生まれながらの性別のことを指すことが多いため、心の性別や性的志向は含まれません。そのためゲイはシス男性、レズビアンはシス女性というケースが多いと考えられています。

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

乙女塾運営部 の記事

乙女塾運営部 の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top