「とりあえずやってみる」乙女塾の原点から思う

  • NAO
  • photo by

    乙女塾

ライブ配信ご視聴ありがとうございました。初回の放送で告知は1週間もない中で300人ほどの視聴者があったそうです。

 

配信については初回ということもあり、いきなりネットワーク接続がうまくいかず、30分ほど開始時間が遅れるということでお叱りの意見もたくさんいただきました。まことに申し訳ございません。


(ゆーこの座右の銘「とりあえずやってみる(笑)」)

2回目の配信でもありましたが、乙女塾メンバーに共通しているのは「とりあえずやってみる」精神です。私たちは配信に関してノウハウがあるわけでもないし、お金も機材もありません。反省点を生かして夜の配信は定刻に開始することができましたが、次回以降はより内容やしゃべり、撮影の角度など少しずつパワーアップして帰ってきたいと思います。

かくいう私も集合時間10分前に起きるという体たらくでまんま寝起きの状態、素顔のまま出演するという暴挙でしてごめんなさい。


 

さて、さつきの話でもありましたが、私が彼女から乙女塾を立ち上げたいという話を頂いたのがちょうど4年前の今頃になります。乙女塾をやっていると「お金がもうかっているんでしょう」とか「トランスを売り物にして」「埋没を捨てて何故やるのか」というような辛辣な反応も日常的にいただきます。


(2016年の乙女塾、さつきのInstagramより)

表に出るということはアウティングを自らすることですし、何をやっても批判をされるということでもあります。それでもさつきは「すっきりした」「自由になった気分」とかつてイベントで言っておりました。

我々は決してトランスのスーパーエリートの集団ではありません。それこそ第二次性徴前や15歳くらいからホルモンをして20歳前後でSRSをして女性として就職して埋没する声も高く身長も低くほどよく可愛くて絶対にばれない埋没派…が究極のそれだとしたら、私たちはいろんな意味で足りていません。例えば、さつきは身長が180cm、わたしは声が低く、ゆーこは料理で手が荒れているとかみんなたくさんのコンプレックスがあります。


(2017年頃の私)

だからこそいろんな失敗を今でもしながら、それでも何とかしながら?今に至った経験を伝えようという思いがあります。もし、乙女塾が自分の時代にあったら自分たちが10年かけた道程を5年で、5年かけた道程を2、3年で済むようにと思っています。

さつきが仮にやっていなくても誰かが始めていたんだろうなと思います。


(2017年頃の乙女塾)

乙女塾は中の様子がわからないので生徒さんのことを否定的にいう声もあります。「ノンパスの集まりだ」「女に見えないから通う場所」「私のようなレベルの高い人が行ったら浮く」といった過激なワードもあります。

私は10年間この世界におります。自分で言うのもなんですが相当に目が肥えています。その私でも見破れないほどのパス度を持って埋没している方もいますし、きらびやかな職業をしていてとてもきれいな方もたくさん生徒さんできてくれています。一方でまだ何も行動ができなかった方、年齢がいってようやくトランスを開始できる方、そもそもMtFトランスジェンダー以外も3-4割いますから、本当にばらばらです。

ただ、乙女塾を開始して数年しますとある程度自分に納得できるところまで進められている方が多いかなと思います。おかげ様で今年はSRSラッシュでしてタイで生徒さん同士があった、とかそんな話も聞いています。成長してくれる姿が一番楽しみです。

金銭面に関して最後に正直に告白しますと、まず乙女塾は残念ながら儲けられる値段でやれていないので財政はつねにかつかつです。

最初は、お金がないトランスジェンダーでも通えるようにという考えから安くしたのですが、レッスン料から会場費、機材費、化粧品などの消耗品費、交流会費用…等引いていくと残るのは…という状態です。しかもマンツーマンなのでこれから先増える見込みがないという(笑)。


(昨日の没テイクより)

 

ま、そんなこんなで「乙女塾」を「とりあえずやってみた」先はバラ色の未来かというとよくわからないのですが、とりあえず私たちは楽しく仲良くやっています。「やらなかった」自分は想像できません。

乙女塾ではライブ配信も今後行っていきます。もちろんライブ配信をやるからイベントをやらないということもないし、イベントをやるからライブ配信をしないということでもありません。両方を進めてまいります。それと共に、現在部活構想を実現するため、また予約がいっぱいな状況を回避すべく先生を増やすため、スカウト活動中です。

さつきのモットーは「明るく楽しくPOPにトランスをしよう」ということです。トランス中って自分に対しても人に対しても「ダメなところ」しか見ない、そして自虐的に他者に攻撃的になりメンタル的に沈んでいくんですよね。だれかかわいい子がでてくると「あの人は美人だけど仕草がダメ」「私は〇〇に比べて足りてない、ダメだ」とあらを探し始めて何も手につかなくなります。そうじゃなくて、良いところを自分に対しても他人に対しても見つけられるような、前向きにトランスがすすめられるような提案をしていきたいと思っています。

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

NAO の記事

NAO の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top