令和のパス度チェック「パワーポイント・パス」

  • NAO
  • photo by

    乙女塾

トランスジェンダーがどうしても気になるのが「パス度(自分が希望する性別にみられる度合い)」です。

これまでにココイチチェック、タクシーチェックをはじめ多様なパス度測定の方法が独自に広まってきましたが、2022年度のパス度チェッカーとして紹介しますのは「パワーポイントチェック」です。

パワーポイント(Power Point)とは?

皆さんおなじみ会議のプレゼンテーション用のスライドを作るソフトです。

どうパス度測定に使うのでしょうか?

パワーポイントを使ったパス度チェックの方法

まずは上部メニュー「挿入」から「画像」を選択して、パス度を測定したい画像をアップロードします。(赤い枠のところが該当です)

試しに以前の記事で使った画像素材をアップしてみました。すると…画像をよく見てください。下のほうに「代替テキスト」という記載があります。この場合は、「白いシャツを着ている女性」と書いてありますね。

この「白いシャツを着ている女性」と言う表記、自動でパワーポイント側が判別して記載しているんです(もちろん編集もできます)。

と言うことは…女性なのか男性なのか、何をしているのか等々…パソコン側で自動で判別をしているということなんです。試しに写真をアップしてみました。

「ドレスを着た女の子」と表示されています。女の子…おべっかいも使えるみたいですね(笑)。

というわけで正しいか・正しくないかは別にして新たなパス度チェッカーを紹介しました。

代替テキストって何?

ちなみに、何故このようなテキストが必要なのでしょうか?

パワーポイントの製造元であるマイクロソフト(Microsoft)によると「代替テキストは、スクリーン リーダーで読み上げることができ、視力障害のあるユーザーまたは視力の弱いユーザーがドキュメント内の画像やその他のオブジェクトを理解するのに役立ちます。」と説明しています。

パワーポイントだけでなくwebの世界でも代替テキストはしばしば使われます。閲覧速度が遅い時など画像がきちんと表示されない場合にそなえたり、検索エンジン対策としてSEOの面でも使用されてます。

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

NAO の記事

NAO の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top