外出という勇気、そして経験

  • NAO
  • photo by

    乙女塾

16日は梅田大丸にて乙女塾初の関西出張レッスンとなりました。当日はまさかの雨、一日天候が悪い中20名ほどの方に来てくださり感謝しております。

写真などのレポートは後日又お届けします。

遠征をしますと、いろいろな境遇の方と出会うことになります。やはり家族に内緒にしている、有給をとってきた、女性の姿で出歩くことは難しい、外出は夜が精いっぱいといった方を見てきました。

勇気を来ていただいて来場されたこと本当に感謝しております。半日という短い時間でしたが、何とか1mmでも情報を伝えるために動かせていただきました。

あまり地域差について決めつけたくはないのですが東京はそういう意味では自由に過ごされている方が多いことを実感します。「昔、新宿でとある白く顔を塗られたビジュアル系の方が化粧後の姿で歩いていた」んですがそんなみんな気にしていませんでした。ある意味で無関心、ある意味で寛容。仮に男性が女性の姿で町を歩いていようが割にあることでそんなみんな気にしていません。

百貨店の店員の中には私と長い付き合いの人もいて男女両方の姿を知っているのですが、さほど気にしていません。思い切って、聞いてみたことがあるのですが、東京、そして新宿という土地柄そんなもんでは驚かないとのことでした。

だからこそ自信をもって出歩くことが大事かな、と思っております。私は3年間、さつきも最初数年間は治療や情報収集、練習などの行動はしていてもいわゆる“女装”して町を歩くことはできなかったといいます。

しかし、残念ながらどれだけ家で頑張っても、外で得た経験にはかないません。外では人々の目があります。交流があります。良いことも悪いことも自分をレベルアップしてくれます。結局、私の場合は3年間で得た内容は礎になりながらも数か月で上回ったように思えます。

そこで得た最初の知識は例えば以下でした。

・とにもかくにも気にしない →自信なくきょろきょろしていたらむしろ見られる

・大事なのはまずシルエット、歩き方。10m先から見て違和感のない状態を →ボディメイクを行うように

・髪は高い医療用に近いようなウィッグを加工するか、地毛を伸ばす&トリートメント必須 →地毛をすぐに伸ばす

・夜見ると可愛い子でも昼見ると全然ダメな場合がある →昼に対応したメイクを覚える

・ハイヒール10cm以上で長時間過ごすのは修行 →パーティーやイベント、クラブの時だけ高いヒールを持っていき履き替える

・治療は早いうちから →ジェンダークリニックで自分史を何年も書いている人たくさんいます

ローマは1日にしてならずですが、とにかく時間がかかるのがこの世界の常です。脱毛1つとっても通常2年ぐらいが1つの目途になりますし、髪だって数年かけないとロングヘアにはなりません。

来ていただいたことでこれから治療をする方、まだ始めたばかりの方が大きく変わるきっかけになれば幸いです

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

NAO の記事

NAO の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top