肌診断を受けてきた

  • NAO
  • photo by

    乙女塾

先日、西武百貨店渋谷店 M2階セイブキレイ ステーション(ビューティー)の無料肌診断に行ってまいりました。

スタッフさんに期間限定で男性の肌診断を実施したことについて聞いたところ

普段は女性限定ということだったが、カップルなどで来客しても男性は暇になっていた。そもそも、男性だけれどやりたいという要望もありイベントでやらせていただくことになった。

イヴ・サンローランのメイクアップアイテムをタッチアップし購入することもできる。体験した方にはキールズ、ラ・ロッシュポゼなど様々なブランドの中からサンプルをプレゼントしている。

といったことをお話されていました。公式にはどの会社との取り組みかは書いていなかったのですが、ここまでのブランドを見ればロレアルさん傘下のものばかりなので、聞いたところ共同での取り組みだということのようです。

「性別を逆に限定してしまう」「メンズメイク」ということでトランスジェンダーの方々に向けてはいささかオススメしずらいのですが、取り組みとしてはメイク業界でジェンダーフリーへアプローチを続けてくださっている資生堂さん、次いで取り組みを始めているポーラオルビスさんなどに続く良い流れだと思います。

というのは、こうした肌診断の類は女性限定ということがこれまで少なくなかったんです。ほかに私が受けたことがあるものですとポーラ(POLA)さんも女性限定でしたし、そもそもの診断が女性の肌を基準に考えられています。しかも、エステや肌診断に来るのは美容に気をつけている方々たち…とあらば、普通にケアしていない男性が来た場合にスコアは一様に低い点だらけということもなくはないです。

システム的なところから改善していかないといけないのでかかるコストは大きいでしょう。そうした中での取り組みということは時代が少しずつ追い付いてきたのかな、とまずはポジティブに考えています。

計測の仕方ですが、顔を視力をはかるような機械の中にいれ撮影をするだけ、また頬を別途撮影するもののあっという間に終わります。撮影データにしわ、しみ、潜在シミ(これからしみになる予備軍)などが映るのでそれの個数によって点数が決まるという仕組みです。

点数ですが、ぶっちゃけた話、事前にスキンケアをすれば誰でもスコアはあがります。普段のお肌の水分量は10〜30%もあれば十分なので化粧水を事前につければ高い値になります。当たり前ですよね(笑)。また、ほくろやニキビなどもシミ扱いになるのでそういう体質の場合その数値は悪くなりますから差し引いて考えたほうが良いと思います。

だから、ケアをしていかない方が正確な数値になります。今回の西武さんは「朝にケアはしていないですか?」と事前にきいてきたのでそのあたりもガチでした。もちろんそんな邪道な真似はせずに洗顔すら破棄してきたのですが、そうしたら脂のスコアが大変なことになりました。(普段脂のスコアは☆1か☆2なのに☆5というまさかの評価)


12月にはイプサで肌診断してもらったときは水分は十分、油分は足りていないという真逆の評価だったので、結構肌のスコアって変わるもんなんです。

image

スキンケアの参考として面白いので是非皆さまも気軽に受けてみてください。

もちろん、女性用はまだ恥ずかしいという方、お気軽にいけるところを紹介いたしますよ!!

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

NAO の記事

NAO の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top