いまさら聞けない「東京レインボープライド」って何?

  • NAO
  • photo by

    乙女塾

4月28日(11~20時)と29日(11~18時)は東京の代々木公園にて東京レインボープライド(通称:TRP)が開かれます。

昨年10万人以上を動員したとされLGBT(LGBTQ)の祭典として有名になった東京レインボープライド、遊びに行く(行った)という人は多いと思うのですが一体どんなイベントなのでしょうか?

いまさら聞けない基礎知識をまとめます。我々は29日に参加をいたします。その都合もあり、写真は2018年までのものを使用しております。


2017年資生堂でモデルとして参加したさつき

まず知っておきたい「プライドウィーク(東京レインボーウォーク)」

東京レインボープライドが開かれる4/28、29日を含むゴールデンウィークの1週間をプライドウィークとしてLGBTQとアライ(支援してくれる人々)の間で様々な催しが行われます。

2013年に東京レインボーウィークという名前で始まり今年が7年目となります。

例えば、紀伊国屋さんでは本店3階がLGBTの書籍フェアが行われていたり

渋谷区のシブニジ(#渋谷にかける虹)ではワークショップを行う

シブニジ https://shibuya-niji.jp/fm/1905/sniji1905.html

など多種多様なイベントが開かれます。もちろん、クラブっぽいイベントもあったり、まじめなものもあったりとバラエティは非常に豊富です。

つまり、この1週間(今年は10日間)はLGBTのためのイベントやフェアなどが多く行われます。決して、東京レインボープライドだけではないんです。

詳しくは東京レインボープライドのページ(https://tokyorainbowpride.com/week/)をご覧ください。

パレードって?

東京レインボープライドは、公式ホームページによると、「LGBTをはじめとするセクシュアル・マイノリティの存在を社会に広め、「”性”と”生”の多様性」を祝福するイベント」とされています。

1994年8月28日、日本で初めてとなるプライドパレードが、東京で開催されたのが起こりとされています。

そう東京レインボープライドの起こりはパレードで、今でも一番の目玉となっています。1994年には約1,000人が新宿中央公園から渋谷・ 宮下公園までをレインボーフラッグを掲げて行進しました。これが最初のパレードだと言われています。

なので友達や知り合いから「行列に参加する?」

とか

「パレードに一緒にでよう」

と言われるのはこの行進のことです。

今では代々木公園から原宿、渋谷を通り帰ってくるコースが定番となっており、2018年には7000人、そして2019年には毎日新聞の調べだと11,000人とついに1万人を超えたようです。

毎年、東京レインボープライドの日は晴れて暑い日が多く決して簡単な道のりではありませんが、同じセクシャルマイノリティやアライと歩くのは大きな達成感があります。

例えば、2019年は東ちづるさん、乙武さんが参加されたそうですが、このように有名人の参加も今や珍しいことではありません。(お二人とも業界に明るいというのもあるのでしょうが)

東京レインボープライドは2012年より始まり最初は4500人の参加者でしたが、毎年予想以上のスピードで拡大しています。メイン会場となる代々木公園では何が行われているのでしょうか?次に見ていきましょう。

東京レインボープライドってパレード以外に何をやっているの?

パレード以外でも東京レインボープライドは非常に楽しめるイベントとなっています。LGBT当事者だけでなくアライや何となく一般で興味がある人でも楽しめるようになっているのがこのイベントが大きくなった理由の1つでしょう。

まずは、飲食の出店。世界各国の料理が楽しめるほか、新宿二丁目おなじみのCampy Bar!が出店されるなど、お酒も楽しめます。

出店

次に企業ブース。資生堂、マルイを筆頭にhummel、チェリオ、TENGA、アダストリア、Job Rainbowなどそのブースもまさに多種多様。どれもがLGBTフレンドリーなのは変わりません。

AIGブース

個人的にうれしいのが無料サービスとお土産でしょうか。昨年は靴のサイズの計測(3Dスキャナー)があったりしましたし、資生堂は全国のBAさんがメイクサービスをしてくれたりします。


資生堂ブースでの願い事コーナー

毎年いろいろなお土産が企業ブースでもらえるので家に帰ってからも楽しめるのがまた行きたくなる秘訣かもしれません。

また、ステージがあり今年はm-flo、清高、全力!歌劇団などが出演します。過去には浜崎あゆみ、中島美嘉なども登場するなど大物アーティストのライブが無料で楽しめるのがまた熱いところ。

楽しみ方は人それぞれ、そして多種多様な人々の心が解放されるそんなイベントが東京レインボープライドなんじゃないでしょうか。

▽東京レインボープライド公式ホームページ

https://tokyorainbowpride.com/

▽東京レインボープライド公式Twitter

https://twitter.com/tokyo_r_pride

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

NAO の記事

NAO の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top