「トランスジェンダーである前に一女性」瞬さんが語るトランスの現実と未来像

  • NAO
  • photo by

    乙女塾

19日の交流会では夏休みスペシャルといたしまして2名のスペシャルゲストをお呼びする予定です。

今回はその1人目である瞬さんにインタビューを敢行しました。

渋谷のラジオでパーソナリティを務め、大企業を相手にLGBT研修を行う瞬さん。乙女塾メンバーとの交流や同じ仕事場で出会うことも多く、誠実な人柄も魅力。そんな瞬さんもいわゆるトランス当事者であり、多くの苦労をしてきました。そこで、なぜそのような研修をするようになったのか、話を聞いてみました。

ーー名だたる大企業さんでLGBT研修を良くやっている印象があります。どうして当事者としてそのような活動をしようと思ったのですか?

まず”オネエ”と”ニューハーフ”という言葉の弊害と誤解を伝えたいからです。”オネエ”は一部のゲイの方のキャラクターで、”ニューハーフ”は職業です。

あえてキャラクター作りや生活のためにそういった肩書きを自ら選んでいらっしゃる方もいますが、本当はマジョリティの皆さんと同じように、自然にただ一人間として生活をしているんだという事を伝えたいと思いました。

ーーそうした“発信”のきっかけは何だったのでしょうか?

私は身長が185cmと高く目立つのもあって、すれ違いざまに中傷されたり電車の中でコソコソと笑われたり致しました。気が付けば、それが人間の全てのように思い、1人で抱え込んでしまいました。長い時間、怯えて諦めて生きてきたんですね。
きっとこんな過去の自分と同じような思いをして、今にも声にならない声で叫び流れない涙を流し、死にそうな思いで生きていらっしゃる当事者の方が居ると思うんです。おこがましいですが、そういった方々の救いとなれたらという思いもあります。

ーーいつから自分がトランスジェンダーだと気が付いたのでしょうか?

ずっと自分が”性同一性障害”なのか”同性愛”なのか分からずに生きていましたが、10代の時にドラマ「金八先生」で、上戸彩さんが性同一性障害の役を演じられていて、それで自分のセクシュアリティを確信しました。

その後、好きな人が出来て、告白をした時が初めてのカミングアウトでした。当時はまだ見た目が男性だったので、「急に女だと言われても男にしか思えない」と言われ、そこから見た目の性移行を始めました。その失恋の苦しさを吐き出すように、家族にもカミングアウトしました。

ーートランスをする上で苦労した点や今後後輩たちにこうしたほうが良いよというアドバイスがあれば教えてください。

私は性移行期に地方に住んでいたので、親に近所の目を気にするように言われていました。化粧している顔やレディースの服を着ている姿を、近所の人や自分を知っている人に見られないように、隠れるように出かけたり帰宅していてストレスでした。あと物理的な事を言うと、靴のサイズに苦労しましたね。

後輩に向かってアドバイスは差しでがましい部分もあるのですが、誰にどれほどまで否定されたり、理解してもらえなくても、あなたはあなたでしかなく、あなたの心の中にあるものが真実です。

例えばトランスジェンダー・MtFでしたら、あなたは女性なんです。女性でしかない。あくまで心の根っこでは、その女性としての意識や感覚を大事にして、メイク、ファッション、1つ1つ女性として出来る作業を、自然な意識で実感しながら、自分のペースで少しずつトランスしていって頂けたら、毎日小さな幸せが多く、日常に広がるんじゃないかなと思います。

ーーそうしてトランスを経験した中で、ご自身が人生において大事にしていることがあれば教えてください。

子供の頃は、大人や常識が正しいんだと信じ込んで、従って生きてきました。しかし、大人になって知識や選択肢を得た今振り返ると、それはほぼ間違っていました。

法律やモラルは別の話として、人の言う事や誰かに勝手に決められた掟が本当に正しいのか誤りなのか。もっと言うと、自分に合っているのか合っていないのか、立ち止まってまっすぐその物事と向き合って考えて、自分の本心を確認する作業を大事にしたいと思っています。

ーー今、瞬さんが言葉として伝えたいメッセージを教えてください。

いわゆるマジョリティの皆さんが、セクシュアリティをいちいち人に打ち明けない事と同じように、セクシュアルマイノリティ当事者も普段はセクシュアリティを意識せずに生きています。

私で言えば、トランスジェンダーである前に、一女性であり、一人間です。いわゆるマジョリティの皆さんと同じく、人としての感覚や権利を持ち合わせている同じ”人間”だという事、セクシュアリティはその人の一部でしかなく、1人1人違う性格・考え方・生き方を持っている事を、まずは”知って”頂きたいです。

その先で”理解”までして頂けたら、嬉しく思います。

ーー最後にこの業界や界隈がこうなって欲しいという希望とかがあれば教えてください

今はまだカミングアウトやカテゴライズをしなければ理解が進んでいかないので、あえて”LGBT””トランスジェンダー”と言っていますが、それを言わずとも、一女性・一人間としての生活はもちろん、表での活動が出来る世の中になったら良いなと思います。

PROFILE: 渋谷のラジオ「渋谷のサンデー 神二の愉快な仲間たち」第2週目メインパーソナリティ???? 資生堂メイクモデル???? ラジオパーソナリティ/LGBT講演・研修スピーカー/司会/モデル

WEB: http://syunrainbow.wixsite.com/syun

twitter: https://twitter.com/syun_rainbow

Instagram: http://instagram.com/syun_rainbow/

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

NAO の記事

NAO の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top