恐れるべからず!レディースMサイズを着てみよう

  • NAO
  • photo by

    乙女塾

MtFトランスジェンダー、女装される方、などが苦戦しているのが洋服のサイズです。どうしても一般的な女性の平均身長よりも高く、平均体重よりも重いということがあり着れるサイズが少ないです。「どこで洋服を買えばいいのですか?」とよく質問されます。

私の回答はこうです。

「普通にレディースMサイズでみんないけるよ、もっと選択肢を多く持ってみない?」

Mサイズまでしかないレディースの洋服サイズ

ユニクロ、GUのような一部の店舗を除いてレディースの洋服はS、M(または36,38とか、1,2とか)の2サイズ展開であることがほとんどでした。女性の洋服は男性の洋服よりも安価な代わりに大量生産で価格面の優位性を補っており「範囲外」と言われる約20%は捨ててきたのです。

たかが20%、されど20%で一般的な女性でもLサイズ以上、XSサイズ以下になってしまうと選択肢が急激に狭くなっていました。そこで、丸井や伊勢丹のような百貨店で大きなサイズ(小さなサイズ)のコーナーを別に設けたりして対応してきました。

アパレルが不況になってからはLサイズまではまだ苦労せずに洋服を選べるようになってきましたが、XL以上、XS以下となると選択肢はまだまだ多くありません。

ZOZO TOWNの「レディース」「アウター」で調べると~XSは2,396件、XLは9,982件(メンズ共用含む)、Mサイズは38,357件ですからXLではその1/4しかバリエーションがないことになります。(2021年4月5日現在)

レディースアウター XL以上

レディースアウター Mサイズ

時代はオーバーサイズ!

ここで朗報です!

ここ5年は顕著にオーバーサイズ、ビッグシルエットが流行っています。オーバーサイズとは身体に沿うようなデザインではなくぶかぶか、ゆるっと大きなサイズの洋服を着て落ち感を楽しむといったものです。

そう同じMサイズでも時代によってサイズ感が違うんです!!

例えば、Cancamでエビちゃんモエちゃんが流行っていたころはApuweiser-richeやef-de、レッセパッセが人気でしした。また、男性ではDior Hommeを着ている人が増えました。この時代はタイトシルエットでトップスであれば肩幅30-34cm、身幅38-40cm程度が通常、男性であっても身幅40cmちょっととかとにかく細く小さなサイジングでした。

それを踏まえて今のサイジングを見てみましょう。

ユニクロのレディースのブルゾンのサイズチャートです。

Mサイズで身幅は76.5cmです。単純計算でバストが153cmまでの人であれば着用ができます。

仮にアンダーが100cmでHカップの方でもバストは最大で128.5cmです。まだ20cm以上ゆとりがあります。これならば入ると安心した人も多いんじゃないでしょうか?

「入る」・「入らない」ではなくて自分が望むシルエットで買う

続いて見て行きましょう。

ZOZOタウンからAmeriのコートですがサイズ2(Mサイズ)で着丈123cmです。

長身の方に朗報です。オーバーサイズが流行るということは着丈が長いものではある程度の身長がないとヒールが必要になります。百貨店に務める友達は「着丈120cm以上のコートは返品されちゃうことも多い」とおっしゃっていました。

私は実際にS~Lサイズと幅広く買い物をしています。さらに言えばメンズもレディースも関係なく買っていて普段どっちの状態であっても気にせずごちゃ混ぜに来ています。つまり、サイズが入るか入らないかで洋服を決めているのではなくて、「締め付けが嫌いだから大きいサイズにしよう」「だぼだぼが嫌だから小さなサイズを買おう」とかそういった基準で選んでいます。

私が日曜の乙女塾の時に来ていたのはAuraleeのパーカー。これはレディースSサイズ(0)だけどバストは114cm。Sを着ていると思った人はいないはず。実際にレディースM(1)、同じ商品のメンズS(3)を試着して0のサイズ感が好きだったのでそっちを購入しましたが決して上半身がコンパクトではありません。

どこで洋服を買えばいいの?

というわけで「どこで洋服を買えばいいの?」の正解は好きなお店でまず着てみよう。着る前から諦めるのではなくて、「意外とはいるかもよ?」というのが自分なりの答えになります。

トランスジェンダーの初期や女装される方の多くは女の子らしいフリル、リボン、チェックと言った要素があるINGNI、セシルマクビーをはじめとした109ブランド、夢展望などを好む方が多いです。一方で現実的な洋服を望む人はしまむら、GU、ニッセンなどを好んでいたように思えます。

夢展望。西原さつきも着用。サイズはMから3Lまであり。

最近ではGRL(グレイル)やD HOLICのようなより安価でトレンド感のある洋服も多いので「安い」「可愛い」「入る」洋服は見つけやすくなりました。

またファストファッションがすごすぎてユニクロ、GU、ZARA…でほとんどのオシャレがそろってしまいます。これらのファストファッションは元よりサイズが若干大き目でXSからXXL以上までの幅があります。

洋服って着てみないと意外と似合うかどうかわからなかったりもします。だから、たくさんいろんな洋服を着ないと経験値がたまらないんですよね。最初は怖いかもしれないけどたくさんの洋服を着てみましょう。ECならば声や身体の心配もありません。返品できるところも多いので万が一の時でも安心ですよ。

新型コロナウィルスによって洋服をECで買う人が増えました。ECでは買う前に試着ができません。そこで、サイズ選びがシビアでないオーバーサイズの傾向はまだ続くのではないか?とみています。

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

NAO の記事

NAO の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top