オカマメイクって悪いこと? トランスの方へのメイクの考え方(その2)

  • NAO
  • photo by

    乙女塾

前回は、男性的な顔、女性的な顔があるという話をしましたニコ

では、「実際にどうしていけばよいか」ということが今日のテーマですキラキラ

メイクをするときに考えなければならないのが「シチュエーション」「かけられる時間」「狙い」の3つですカナヘイピスケ

1.シチュエーション

昼なのか夜なのか、結婚式の二次会に行くのかスーパーへ買い物に行くのかではメイクは全くことなるのはわかりますよね?

前回、「オカマメイク」になってしまう、という話を書きましたが、それって悪いことなのでしょうかカナヘイ!?

いわゆるショーパブやバーなど夜の仕事では照明が暗く、お客さんとは一定の距離があります。つまり、「メイクが濃くないと単なる素顔にしか見えない」ということになりますサングラス

私のトランスの友達でもいわゆる夜の仕事をしている人のメイクは非常に濃いですsao☆昼にそのままの恰好であうとびっくりすることもあるのですが、夜見ると素晴らしい色気を醸し出している人が多いです中土居宏宜(セクシーサンタ☆)

つまり、シチュエーション次第でメイクの正解は変わるということです宝石ブルー

乙女塾では最後に「撮影」を行いますカメラ SP

つまり、撮影のためのメイクに最終的にしあげてもらうことになります。これはレッスン中に塾長のさつきが何度も言います「通常より1.8倍ぐらい濃くしてください」と盛り

でも、安心してください。日常生活のナチュラルメイクならこのぐらい、撮影なら本当はもっと濃くてよい、イベントなら~という話もさせていただきますおすましペガサス

次回は「かけられる時間」について話をしますね。

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • line
  • web

NAO の記事

NAO の他の記事はこちらから

RECOMMENDED

乙女塾のメンバーのオススメ。読んでね!

top